「基本はいのちと平和です」
「基本はいのちと平和です」

市民の方へメッセージ

こんにちは、三宅桂子です。

一般的な働く主婦だった私が政治に関わるようになったきっかけは、
生活と政治は密接に関係しているのだと気付かせてくれた市民ネットワークとの出会いでした。

市民ネットワークは議員のことを「代理人」と呼びます。

市民の声を代理で議会に届ける役割の人ととらえているからです。

私も常にこれを心に留め、議会での発言をしています。

千葉県に市民ネットワークが誕生して20年。

市民発の政治団体として議員を送り、議会・行政に市民社会の風を吹き込んできました。

この20年、世界も日本も大きく変わりました。グローバル経済が国境を越え、格差が拡がり、暴力と管理の社会に向かいつつあります。

そんな今だからこそ、働くひとの権利が守られる働き方、弱い立場の人が安心して暮らせる地域、子どもを産み育てたくなる公正で安心な社会制度、持続可能な環境政策が必要です。

市民ネットワークは主権者である市民の声を生かし、地域に仕事を、人間らしいコミュニティを、そして憲法の理念を力に、地域からの平和と未来をつくっていきます。

公式ブログ『三宅桂子の言いすぎちゃったらごめんなさい』

戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)

2016年9月3日

2015年製作のドキュメンタリー映画「戦場ぬ止み」を初めて観た。沖縄は2回訪れ、辺野古、高江の抗議行動のテントを激励に訪れ、様々な差別体験のある当事者の方々から話しを聞いたつもりだったが、まだまだ知ら...

続きを読む

こんな感覚の大人は子どもの敵

2016年8月31日

少し前に「船橋の社会福祉法人「すずみ会」、千葉県に架空の会議録提出 理事長認める 実際は開かず」とのニュースを聞いて「アホ」と思っていたが、今日改めてその社会福祉法人の理事長の名前を知って「おや?」と...

続きを読む

支配欲をどう昇華させるか

2016年8月22日

8月21日まで行われていた 私たちは『買われた』展その名前からして、少女売春にイメージが固定化してしまいそうだが様々な社会問題を提起していた。彼女たちが難しい現実をしっかり把握して、自らの身に起きたこ...

続きを読む

8月6日

2016年8月6日

広島に原子爆弾「リトル・ボーイ」が投下されてから71年目を迎えました。 1994年、被爆者援護法の成立に際して、当時の井出正一厚生大臣は「さきの戦争におきましては、すべての国民が、その生命、身体、財産...

続きを読む

全ては得票のため(その証明)

2016年7月18日

世間では 目標達成のために戦略を練って狡猾に行動して結果を出すことも「成功」と呼ぶのだろう。ほりえもんがフジテレビや球団を買収しようとして財界に目の敵にされていた頃ニヤニヤとうすら笑いしながら「みなさ...

続きを読む