平成28年第3回定例会 議案質疑

平成28年第3回定例会 議案質疑

公共工事下請けに賃金保証を

 国の示す労務単価の改定により公共工事の価格に予算を補正して追加支払いします。
追加で支払われたお金が元請けからどう分配されるのか発注者の市にはわかりません。『国が法整備すべき』との答弁に、国に公契約法の制定を求めるよう市に求めました。

落札額が安くても大丈夫?

 データ管理セキュリティ強化のため新しいシステムに契約します。入札には3社から応札がありましたが落札者の入札価格は他の2社の半額程度でした。あまりにも安いのでこれで安全が担保されるのか不安になります。適正価格での落札が望ましいのではないでしょうか。

違反は公表!火災予防条例の改正

 これまで、不特定多数の人が出入りする防火対象物に防火設備を設置しない建物の管理者に消防局は指導を繰り返してきました。条例が改正されると、指導に従わない者は法令違反対象物の名称、所在地、違反内容をホームページで公表でき、効果が期待されます。